着物の訪問着を選ぶ時に注意したいこと

着物は普段着として着る機会が減ってしまっているので、自分で着ることが出来ないという人も多いものです。しかし、日本の伝統衣装でもある和服は、成人式や結婚式など人生の節目となる華やかな場面では、今でも着る人が多いものです。若い人から年配の人まで、同じものを着ることができるというのも和装の魅力です。中でも、長い期間、色々な場面で着ることが出来る訪問着は、一着持っておくと、若いうちから年をとっても着ることが出来るので、非常に便利なものです。選ぶときにいくつか注意しておけば、親子で使うことが出来たり、正しい保管をしておけば親から子供へと受け継いでいくことができます。正しい選び方をして、長い間使えるようなものを作ることで、より素敵な着こなしが出来るでしょう。

柄の入り方や種類に注意しましょう

訪問着を購入する際には、柄の入り方や、柄の種類に注目して選ぶことが大切です。この種類の特徴としては、縫い目に関係なく絵柄が入っているという点です。絵画のような美しい絵柄が特徴ですが、その柄の入り方や種類によっては、使用用途が狭まってしまう可能性もあります。柄が美しいものでも、身頃の柄が華やか過ぎてしまう場合には、披露宴以外に着ていく機会がなくなってしまうという恐れもあります。また、季節の花や季節を表すようなものが描かれてしまっていると、着る季節が限られてしまうので注意が必要です。四季を感じさせないような柄を選ぶことで、季節に関係なくいつでも着ることが出来るようになります。美しさだけでなく、しっかりと柄の特徴や意図も理解して選ぶことが大切になります。

ベースの色によって使い勝手が異なります

着物は、生地の色によって着た時の雰囲気が大きく変わります。和装は全身を覆うような着こなしとなるので、生地の色が全身を包むので色選びはとても重要です。訪問着の場合、多くの場面にきてい来たいと思っている人は、淡い色を選んだほうが良いでしょう。濃い色のものは、色や柄がはっきりとしていて美しく見えますが、周囲となじみにくく、式典などでは浮いてしまう可能性があります。また、色によっては年配の人向けのものもあるので、着る人の年齢が限定されてしまいます。淡い色の場合には、周囲とのなじみが良いので、式典などにも着ていきやすいだけでなく、帯などの小物を変えるだけで、若い人から年配になっても着ることが出来るという特徴もあります。顔写りも考慮して、選ぶと良いでしょう。