着物の訪問着の手入れの方法とは

近年では、結婚式や子供の入学式や卒業式などに、着物の訪問着を着用する人も増えています。たとえ風が涼しく、日差しが穏やかなお出かけ日和の日に着用したとしても、歩いたりちょっと動いたりするだけでも、汗ばんでしまうことがあります。大量の汗をかかなかったとしても、帯回りなどは様々なものが重なり合っているため、しっとりと汗ばんでしまいます。このようになると肌着はもちろんのこと長襦袢までしっとりとしていて、汗対策が必要になってきます。1年のうちに何度も着用するものではありませんが、着用した場合には、しっかりとお手入れをして保管する必要があります。適当なお手入れで保管をすると、次に着用するときにシワになっていたりシミができていたりと使えなくなってしまうことも考えられます。着用後の適切なお手入れはどのように行えばよいのでしょうか。

ハンガーに掛けておくか、クリーニングを利用しましょう

着物の訪問着を着用した後のお手入れ方法としては、ハンガーにかけておくことで、湿気を取り除くことができます。ハンガーにかけてつり下げておくことで、出かけた際に付いたシミや汚れがないかをチェックするようにしましょう。もしもシミや汚れが見つかった場合には、自分でどうにかしようとせずに、専門の店に依頼するのが適切な方法です。ハンガーを使う場合には袖を通す部分の長さが伸びる専用のハンガーを使うと、掛けシワもつきにくくなります。これは自宅でできるお手入れ方法ですが、できるのであれば着用したらすぐに専門のクリーニングをした方がよいといえます。自分の目では見えない汚れが付着しているため、その都度きれいにクリーニングをした方が、末永く使っていくことができるでしょう。

一緒に使ったアイテムもお手入れをしましょう

着物の訪問着を着用する場合には、ほかにも様々な小物などのアイテムも使用することになります。そのためこれらのアイテムも、着用後にはしっかりとお手入れをする必要があります。まずは帯です。帯にも湿気が残っているのでたたくようにシワを伸ばしておきましょう。一晩おいて汚れがなければきれいにたたんでタンスの中へしまいます。次に帯揚げです。帯揚げはアクセントに最適な隠れたおしゃれと言えます。帯揚げもしわや湿気が気になるので、帯と同様、いったん干して湿気を取りましょう。乾いたら四つ折りにするか巻いて保管するようにしましょう。もしもしわが気になる場合にはあて布をして、低温のアイロンを使ってシワをのばします。帯締めについては、房がバラバラになってしまうことがあるので、アイロンのスチームなどをあてて癖を取りましょう。スチームあててなじませた後に半紙などをくるくると巻いておくと、きれいに保管することができます。