着物の訪問着の選び方のコツとは

和装をしてみたいけれど、なかなか自分に合うものが分からないという人や、帯だけ持っているが何を合わせたら良いのかわからないという人も多いものです。着物は流行り廃りがなく、きれいに保管をしておけば、親から子へと受け継いでいくことも出来ます。洋服のように細かいサイズがないので、多少の体型の変化や身長の差があっても着こなすことができるのが、和装の良いところです。また合わせる帯や小物によって、同じ着物であっても雰囲気をガラッと変えることが出来るので、若い人から年配の人まで同じものを着こなすこともできます。格をしっかりと把握しておくことで、適した帯を選び、着ていく場所を考えることが出来るので、格を知ることはとても大切です。使用目的に合わせたものを選びましょう。

格と使用できる場面に合わせて選ぶ

和装を楽しむことで大切なのが、格と着ていくことが出来る場面に合わせて装いを選ぶことです。未婚の女性であれば振袖が最高の格とされているので、格式の高い式典や結婚式の披露宴に出席する際などに使うことが出来ます。既婚女性で同格になるのが、留袖です。入学式や卒業式、格式の高いお茶会などに参加する場合には、訪問着が適しています。柄によっては披露宴にも参加することが出来る、略式礼装という格に値します。生地の色は淡く明るいものが多く、華やかな柄が縫い目をまたいで絵画のように描かれているのが特徴です。袋帯を二重太鼓にして合わせるのが一般的です。柄の入り方によって、着ていく場面も変わってくるので、柄選びを慎重に行うことが大切です。年齢に関係なく着ることが出来るものです。

初めて訪問着を購入するときのコツとは

初めて着物を購入するという場合には、着ていく場面も幅広く、また年齢に関係なく着ることが出来る訪問着が良いでしょう。選び方のコツとしては、柄の入り方と柄の種類です。生地の色は淡いものが一般的です。淡いピンクやブルー、グレーが合わせやすく、どのような場面でも馴染みやすいのでおすすめです。柄も、あまり華やかなものは披露宴向きとされているので、少し落ち着いた雰囲気のものを選ぶと良いでしょう。季節の花などが入ってしまうと、着ることが出来る季節が限定されてしまうので注意しましょう。落ち着いた柄の場合には、帯を振袖で使用するような華やかなものを合わせると、若い人でもおしゃれに着こなすことが出来ます。年齢や場面に合わせて帯や小物の合わせ方を変えて、コーディネートを楽しみましょう。

お仕立て上がり袋帯は2万9千8百円からです。 お客様の笑顔のためにとことん尽くします! メールでのお問い合わせは、24時間受付 お買い物は年中無休! 四季の風景に溶け込む優雅で美しい和装小物、きもの、帯などの和装商品を主力としており、様々なシーンに合った商品を豊富に取り揃えております。 着物・訪問着は京都きもの市場が最適!